アクセスランキング
FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

 

【創作】タイトルを言うだけで誰かが世にも奇妙な物語的な話を作ってくれる 

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:36:21 ID:FOMD2ktg8
俺には文才がないから誰か頼む



3: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:38:46 ID:QmYqyrx6w
俺とお前の一週間

19: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)17:41:12 ID:mczZraKBv
>>3
山田と竹中はある総合商社のライバル同士
二人とも課長昇進を目前にしていたが、
そんなとき気まぐれな部長からテストを出される
それは一週間でなるべく多くの嘘をつくというものだった
山田は同僚や飲み屋のママなどにウソをつきまくりポイントを貯めていく
一方竹中は動いてる気配がない
勝利をあきらめたか、と思いつつ一週間がすぎ、結果を報告する日
今までついた嘘についての報告書を積みあげる山田と、手ぶらな竹中
すると竹中はにやりと笑い、部屋に専務や常務など実力者が入ってくる
嘘のつきあいで課長を決めるなど何事か、と叱られる部長
部長はあわてて「全てただの冗談だった」としてしまう
竹中は一週間の根回しにより、この対決自体を嘘にしてしまったのだった

20: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)17:45:50 ID:FOMD2ktg8
>>19うめえwww
映像にしたら怖そうだな

4: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:38:54 ID:96FkBTngO
ソース二度づけ

11: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:49:48 ID:LSgGxUD8o
>>4
主人公は華々しい経歴をもつ新聞記者
彼が成功した理由はひとつ
それは「信頼できる情報源を二つ用意すること」
ある日いつものように特大のスクープを入手した彼
それは誰かはわからないが超有名タレントの不倫疑惑であった
やはり二つの情報源を集める彼
しかし今回は二度めの情報源確認では若干情報が違っていた
信条に従いまた情報源を確認する主人公
しかしまた若干の違いがある
ソースの確認を続けていくうちに疑惑のタレントが自分と似ていることに気づいた主人公
最後には遂に、自らの個人情報がマスコミに流されていることを知るのであった

12: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:52:47 ID:96FkBTngO
>>11
そっちねw

6: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:39:41 ID:evAKq2t0P
回転芋虫

13: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)02:08:07 ID:LSgGxUD8o
>>6
主人公は若くして成功した大富豪の青年
彼はその好奇心から自分を冷凍保存して未来へ行くことを実行する
未来で目覚めた青年であったがそこは回転寿司に芋虫が並ぶような
現代とは著しく文化を異にする未来であった
それでも人類の柔軟性・多様性を楽しむ青年
未来での生活にも飽きてきた彼は変化の過程をも楽しもうと歴史を調べることに
しかしそれで彼が知ったのは人類が滅亡し宇宙人が取って代わったという事実であった
最後には人類と思われた宇宙人に無表情で取り囲まれるシーンで終わり

10: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)01:48:17 ID:wGOqoLG5z
超情報系

23: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)17:56:56 ID:b1AYmwDCo
>>10
株で負け続けている男がいた
男は人工知能を研究する企業の研究員であり、株に勝つために最新鋭の人工知能を無断で使おうとする
人工知能にどの株を買ったらいいか訪ねるものの、情報不足との回答
男は人工知能の命じるまま、あらゆる資料をかき集めて入力していく
やがて極めて優秀な投資先が出たと回答があるが、
人工知能はなぜか「閲覧はおすすめしません」と繰り返す
ここまで来てそれはないだろう、と男は人工知能の基幹システムに侵入し、無理やり情報を見る
それは素晴らしい利益率が約束された情報だったが、ライバル会社の存在が不安要素だった
男は夢遊病に取り付かれたようにふらふらと街に出て、そのライバル会社に放火してしまう
燃え盛るビルを見あげて「これで完璧だ」と呟く男
その背後には数人の警察官が立っていた

タモさん登場「情報は人に豊かさを与えてくれます、
しかし、情報そのものに干渉しようとする、それは悲劇の始まりなのです」

25: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:00:09 ID:Z7jE5SBii
>>23
タモさんのセリフいいな

18: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)17:22:06 ID:RKJsPKPCe
やってみるか

34: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:51:49 ID:Z7jE5SBii
>>18
「やってみるか」

主人公はブラック企業勤めの気弱で冴えない独身中年サラリーマン。
口下手にも関わらず営業課に配属されてしまい、かつて部下だった上司に怒鳴られ家に帰れば自分の両親にすら
疎まれる日々を送っていた。

ある夜同僚から押し付けられたサービス残業の帰り道、自宅の近所に精神科専門の病院がオープンしていること
に気づく。
しかもすでに日付が変わった深夜にも関わらず、診察を続けていた。
不自然に思いつつも、仕事と人間関係に疲れ切っていた主人公はフラフラとその病院に足を踏み入れる。

そこで処方されたのが「アクティブ・ドラッグ」という怪しい薬。
藁にもすがる思いでその薬を服用する主人公。
すると次の日から、どんな難しい仕事に対しても「よし!やってみるか!」と積極的に取り組むやる気に満ち溢
れた人間になっていた。
営業成績はとんとん拍子に上がり、周囲の人間からも好かれるようになった。
しかしアクティブ・ドラッグの効き目がきれれば、元の自分に戻ってしまう。

足しげく病院に通う主人公だったが、アクティブ・ドラッグは法外な価格であっという間に貯金が底をついてし
まい、親の貯金と会社の金に手を付けてしまう。
ありったけの金額を費やしてアクティブ・ドラッグを手に入れた主人公だが、横領があっさり発覚して首に。
両親からも絶縁され、手元に残ったのは大量のアクティブ・ドラッグだけ。

アクティブ・ドラッグに頼り切りの主人公。
いくらやる気に満ち溢れていても、既に若くない主人公はなかなか再就職が決まらない。
あんな冴えない自分なんて自分じゃない、アクティブ・ドラッグを飲んだ自分こそ真の自分だ。と自分自身に言
い聞かせ、依存し続けた体はボロボロになっていった。
あれだけ大量にあったアクティブ・ドラッグも、ほとんど残っていない。

元の自分に戻る恐怖で、完全におかしくなってしまった主人公。
ふと部屋の隅のロープに気づく。
「よし!やってみるか!」
衝動的に首を吊り、そのまま絶命。

22: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)17:51:28 ID:0uqy5JiWB
ゴリラズ

27: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:08:18 ID:RKJsPKPCe
>>22
男のアパートの窓からは、近所の動物園のゴリラの檻が見えた
うだつの上がらない浪人生である男は、暇さえあればゴリラを眺めていた
檻には二匹のゴリラがいたが、いつからか、心の中でゴリラの会話をアテレコするようになる
すると奇妙なことに、ケンカをするようなアテレコをするとゴリラはケンカし、
仲良くするようなアテレコをすると仲良くしだした
予備校やバイト先などでストレスを貯めていた男は、
ゴリラたちに檻の中が不満だらけであるようなアテレコを行う
やがてそのアテレコは過激さを増し、飼育係の女性への殺意にまで至る
「あの人間を殺してやろう」とアテレコすると、なんとそれは現実に起こる
アパートの窓からそれを見ていた浪人生、さすがに怖くなって布団をかぶって震える
すると、頭の中にいつものアテレコ口調で声が響く
「この部屋だな」「いつもジロジロ見てやがって」
「手足をちぎってやろうぜ」

29: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:20:25 ID:FOMD2ktg8
>>27 あえて最初コメディ系な感じやな
面白い

30: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:21:26 ID:Z7jE5SBii
>>27
落差がいい感じ

38: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:08:39 ID:0uqy5JiWB
>>27見てぇな!

28: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:09:02 ID:WJL5wTRVj
ピーターパン・ラジオ

32: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:31:12 ID:F2HR5LJE6
>>28
《ピーターパン・ラジオ》
大人になりきれない男がある日ラジオをつけると、ピーターパンラジオという番組をやっていた。
番組の内容は「大人になりきれない大人たちの90分」らしい。
何の気なしに聞いていると、リスナーの多くは自分と似た境遇の大人たちで、パーソナリティである「ピーターパン」そういった大人たちを本当の大人にしてくれるらしい。
最初はアホくさいと思って聞いていた主人公だったが、パーソナリティの的確なアドバイスに関心し、自分も投稿してみることに。
「読まれるといいな・・・」と期待半分に聞いていたが、なんと自分の投稿した内容が読まれている・・・!
主人公が喜んでいると、なんとも的確なアドバイスを貰う。
主人公がそのアドバイスを元に努力すると、なんとうまくいってしまうではないか。
主人公は再び悩み事を「ピーターパンラジオ」に投稿することに。
するとまた採用され、アドバイスを貰う。
燻っていた主人公だったが、そのラジオをきっかけにグングン成長していく・・・
「大人になるのもいいかもなぁ」と思っていた矢先、今日もラジオを聞こうと机に向かうと、外から何やら窓をたたく音が。
「俺だよ!」
なんとその声はラジオのパーソナリティの「ピーターパン」だった。
あわてて窓をあけると、「君、大人になったんだね!」とニコニコしながら声をかけるピーターパン。
驚き半分も、自分をここまで成長させてくれたピーターパンに会えてうれしい主人公・・・が、しかし
グサッ
「ピーターパンはね・・・子供たちと永遠の夢の世界を冒険するんだ・・・でも、子供たちは大人になってしまう。
だからピーターパンは大人になる前に子供たちを殺してしまうんだ・・・」
ドロドロと流れる自分の血に死を実感しながら、そういえばピーターパンの原作はそういう内容だった、と思い出す男だった。

(完)

33: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:40:38 ID:FOMD2ktg8
>>32 本家でこのタイトルだったらまじでこうなりそうだな

35: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:57:17 ID:bR405Z95W
世に奇妙というか星新一っぽいな

36: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)18:58:38 ID:mKGZNJFTT
早苗さんのあわび

45: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:43:26 ID:v6LDCE6QP
>>36
『早苗さんのあわび』


一人旅で寂れた海沿いの町を訪れた若い女性
何もない風景潮風町の人々に癒され旅を満喫
夕食には新鮮な海産物が出て感動する
しかし旅館の人々は「ごめんなあ 今は早苗さんがおらんけ魚の出来がいまいちで……」
早苗さんとは誰かと訊いても曖昧にはぐらかされる
伝説の女漁師?海女さんかな?
興味をもった女性は翌日早苗さん探しをする
ニヤニヤ笑う者嫌な顔をするもの反応は様々だが明確な回答をくれる者はいない
あきらめかけたとき網を繕っている老婆がぼそりと「早苗さんなら大抵観音様のとこにおるがぁ」

この町に観音像があるのか他の町民にききそこに向かう
海沿いの断崖絶壁その崖の中頃に小さな祠があり美しい観音様が奉られているという
「みえないなあ もっと観やすいようにつくれないものなの? 降りるところはどこかな」
足場の悪いなか崖から身を乗り出していると
つるりと足が滑り女性の姿は消えた



「早苗さんが出たらしいぞ」
「よかったわ もうすぐ息子が帰ってくるからその時早苗さんのあわびを食べさせられる
丁度食べ頃ね」

37: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:08:18 ID:FOMD2ktg8
UFOをみました

51: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:27:36 ID:KbB2F9WfY
>>37『UFOを見ました』

ある昼下がり男が牛丼屋から出て来た瞬間、上空に巨大なUFOが浮かんでいるのを発見する。腰を抜かして倒れる男、周りの人が手を差し伸べた
「大丈夫ですか?」
「あっあのUFOが見えてないんですか!?」
「はぁ?何も見えませんけど」
怪訝そうな顔で去っていく人を見て男は自分が正気を失ってしまったのではないかと思い、医者に行く。疲れからくる妄想と診断され、薬をもらう。
しかし何時までもUFOは消えず、男はネットの掲示板でUFOの目撃者を募る。幸いな事に見えるという人間が現れ、オフ会を行う。現れたのは若い女性で互いに同じ境遇の者同士、意気投合。仲を深めていき、結婚して子供を授かる。
子供を寝かしつけ上空のUFOを眺めながら二人が会話する
「あのUFOって結局何なのかしら」
「幻覚だよ。この世には幽霊を見たと言う人間がいる。それと同様にUFOが見える人間がいたっておかしくないじゃないか」

39: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:17:59 ID:sOwThYWj7
エレベータボーイ

47: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:49:12 ID:KbB2F9WfY
>>39
『エレベーターボーイ』

老人が病室で死体を見下ろしていた。どうやら自分は死んだようだ。若い頃は両親がいなかったせいで苦労したが悪くない人生だったと思う。その時、病室のドアからチンという機械音が鳴り響き左右に開いた。どうやらエレベーターのようで中の小綺麗な男が口を開いた。
「審判のエレベーターへようこそ。私は本日のエレベーターボーイを勤めさせて頂きます。~でございます。」
審判のエレベーターとは天国の近代化によって昇天と審判を同時に行う施設であり、過去を振り返って善行一回につき上昇し、悪行で下降するそうだ。
老人はエレベーターボーイと現代から過去へと記憶を遡りつつゆっくりと上昇して行く。天国間際まできた直後、5才の頃の映像が映る。何故か自分には5才以前の記憶がない。両親を見られるかもと老人は喜ぶ。
家族旅行の車の中、子供の彼はちょっとした好奇心で運転する父親に後ろから目隠しをした。衝撃、悲鳴、爆音、最悪と言われた、ある高速道路の玉突き事故は彼によるものだった。その瞬間エレベーターが断線。
「こんな!こんな事があるか!私の人生は何だったんだ!」
彼はどこまでも墜ちていった

46: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:49:06 ID:0uqy5JiWB
ロックンロールは生きている

49: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:53:41 ID:v6LDCE6QP
>>46
『ロックンロールはいきている』

オッス!!!おら岩巻!!!!

50: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:10:13 ID:FOMD2ktg8
まずい好物

52: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:34:50 ID:v6LDCE6QP
>>50

『まずい好物』

嫁がまたハンバーグを作る
玉ねぎ炒めないなんか割れてるぼそぼそ焦げて苦い
そう
これがいつものハンバーグだ


嫁は若年性アルツハイマーだ
新婚の頃にくそまずかったハンバーグも子供が出来て向上した

しかし会えたんだ問いたい

どうしたらあの頃に戻る?

59: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:13:57 ID:3Q6CWao80
お前らよくそんなパッと物語が作れるな

60: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:28:45 ID:v6LDCE6QP
>>59
『お前らよくそんなパッと物語が作れるな』

から~んから~んから~ん

鳴ったな
ああ鳴った
行くのか?
お前は?
行くか?
行こうか?


永遠の向こう側へ

61: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:31:05 ID:s1uIFSi11
空洞

67: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:57:11 ID:6BmOy6to0
>>61

酒好きの男がいた
男はこのところ毎晩同じ夢を見る
それは洞窟でただ穴を掘り続けるというもの
不安になって飲む酒の量が増えていく
夢の洞窟はどんどん大きくなっていく
イラツキが抑えられなくなって人当りが悪くなる

だれも彼の相手をしなくなったころ
アパートの大家が男の部屋を訪れたときに男が倒れているのを発見する
病院に搬送され検査を受けた結果
男の脳に大きな空洞ができていた

99: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)06:45:50 ID:ZIWSFCmTw
>>67
いいなこれ

62: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:33:16 ID:bR405Z95W
キモオタ

70: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:59:01 ID:qSpVJgYZS
>>62
『キモオタ』
東京都町田市。ある6畳間のアパートに、キモオタは住んでいた。
フィギュアに囲まれ、アニメを嗜み。そうして今日も過ぎていく

以上

64: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:43:10 ID:70h4VH6O5
いよいよ明日だな

65: ◆H0rRX2dvW6 2014/06/01(日)21:51:26 ID:HFmoNnU26
>>64
【いよいよ明日だな】
君達にも明日の予定というものがあると思う
無論私にもある、が私の予定は君達とは一風変わっている
私は…

……次の日
「もう戻ってくるなよ?」
「有難う御座いました…」
そう、私の予定は出所だ
いよいよ明日だな、と昨日は胸が高鳴って仕方なかった

「あぁ、少し待ってくれ」
「はい?どうかしましたk…」グサッ
担当の看守さんだっけか?
彼に呼び止められたと思ったら刺されていた

「お前は昨日、いよいよ明日だなと…
ずっと言っていたよな?
俺も同じなんだよ、妹を刺し殺したやつを刺し殺して捕まるのもいよいよ明日だなと…
皮肉なことにお前と同じことを考えていたんだ」
声は出ない…
君達には、いよいよ明日だなと
楽しみにできる予定はあるかな?
どんな結果になるかは分からないが、その明日は楽しみにしてても嫌でも必ずやって来る
私のようになりたくなければ常に誠実に生きることだ…

66: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:52:57 ID:yY7RZHxps
未来冷蔵庫

80: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:33:06 ID:zaOEBcBul
>>66

高野卓志はこの春大学生になり1人暮らしを始めた。
それに備えて家電量販店に行くと、店員が倉庫の奥に連れて行った。
そこには、ホコリのかぶった売れ残りの業務用冷蔵庫が。
高野は定価の3割の価格で冷蔵庫を買うと、届いた当日に早速いろいろ詰め込んだ。
数日後、高野は「弱/強」ボタンの隣に謎のボタンがあることに気付く。
そのボタンを押すと・・・特に変わったことが起こるわけでもなくがっかりした。
しかしその翌日、冷蔵庫の中にあった納豆がなくなっていることに気付く。
その後もそのボタンを押すたびにいろいろなものがなくなってしまう。
ところが、ある日、高野は買った覚えのないシュークリームがあることに気付く。
なんだろう、高野はそう思いつつもシュークリームを食べた。
5月のある日、高野は彼女のツグミからシュークリームをもらう。
そう、あのシュークリーム、まさにそれだったのだ。
高野はこの瞬間、冷蔵庫の中身が未来から送られてくることに気が付いた。

そんな中、高野はツグミと喧嘩をしてしまう。
かっとなった高野は冷蔵庫の中身をツグミに投げつけ、ツグミを冷蔵庫の中に入れてボタンを押してしまう。
ツグミがいなくなってせいせいした、高野はそう思いながらテレビをつけてのんびりし始めた。
いつものようにバラエティー番組を見ていると、高野はビールが飲みたくなり、冷蔵庫を開けた。
すると、中には何か巨大なものが入っていた。
それは・・・

自分の惨殺体だった。

83: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:50:17 ID:psFSaA8W2
>>80でもう出てた。スマン

72: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:12:31 ID:FK3i66B15
おもちゃ箱の中で

78: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:31:50 ID:6BmOy6to0
>>72

「あぁ、神は我々を見捨ててしまったに違いない」
「悲観的になるなよ。大丈夫さ」
「何が大丈夫だ。どれほど長い間日の目を見ない生活が続いてると思ってる」
「神様が私たちを見捨てる訳ないさ。あの頃の神様の愛情はウソだったって言うのかい?」
「だが・・・いや、そうだな。私としたことが、すまない」
「希望を捨てちゃいけない。強く生きていくんだ。このおもちゃ箱の中で」

81: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:41:30 ID:FOMD2ktg8
>>78 アバンストーリーか

76: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:21:43 ID:U59WTQNPZ
それでも僕がバイクに乗る理由

84: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:56:22 ID:zaOEBcBul
>>76

久しぶりの休日、国道1号線を駆け抜ける。
湘南の海風を受けて走る快感、ここにサザンの曲なんかがあれば・・・まぁ、バイクだから無理か。
会社の同僚は「バイクより車の方がドライブが楽しい」などと言っているが、そんなことは関係ない。
俺はバイク、それも、このバイクで走ることが楽しいのだ。
ああ、なんて気持ちいいんだ・・・えっ、あああ!
ガッシャーーーーーン
ん、ここはどこだ?
「あ、気付きました?丸2日も意識なかったんで心配しましたよ。」
あ、俺、事故ったんだ。
・・・ちょっと待てよ、じゃあ、あのバイクは?
「ちょっと失礼」
「え!?まだ腕の骨くっついてないんですから!!」
しらねぇよそんなこと、それよりあのバイクは!?
あのバイクは、あの子が、陽香が大好きだった!!
一緒にツーリングしたり!!海に行ったり!!
夜景の見える丘でキスしたり!!
陽香との思い出がいっぱい詰まったたった1つのバイクなんだ!!
陽香が飲酒運転の車にはねられて・・・俺は、俺は・・・

バイクは、もう既に、スクラップ工場に持って行かれていた。

あのバイクがなきゃ、俺はこれからどうやって・・・
「ねぇ、いつまで落ち込んでるの?」
「陽香?陽香なのか!?」
「いつまでも思い出に浸ってるんじゃないわよ。男らしくないわよ?」
「え、でも・・・。」
「なんてね、私も実はあのバイクの中にいたのよ。きっと見えなかったでしょうけど。」
「・・・どういうこと?」
「あなた、言っておくけど、もう少しで死んじゃうところだったんだからね?助けてあげたんだから感謝してよ!」
「陽香が、俺を、か?」
「でもね、そのせいで私も消えちゃうの。私もそろそろけりをつけないといけなかったし、もういいんじゃないかな。今までありがとう。・・・素敵な人、見つけてね。」
「え、ちょっと、待てって!」


梅雨明けの晴天の下、鵠沼海岸を横目にバイクで茅ヶ崎へ。
あれから、何年が経ったろうか。
気づけば後ろの席は埋まっている。
しかも、0歳児のオプション付きで。
いい父親になるつもりでも、結局俺は男になりきれていない。
過去の未練を振りほどくことが出来ない、残念な男だ。
そうして、俺は今日もバイクに乗り続けるのだ。

82: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:49:07 ID:psFSaA8W2
未来冷蔵庫

ひきこもりだった主人公は、ある日冷蔵庫が壊れたために電気屋に来ていた。
そこで「未来冷蔵庫」という商品名の冷蔵庫を見つける。

物好きな性格だった主人公はそれを買ってみることにした。

さっそく部屋に冷蔵庫を取り付けたが、やはり変だった。
中に入れたものが数日後には腐っている。
主人公はそれを面白がり、ある日部屋のベランダに入ってきた野良猫を冷蔵庫の中に閉じ込めた。
数分後に開けると、やはり猫はやせ細り死んでいた。

もっと色々な物を詰めてみたい
そう思った主人公は外へ出て、詰められる物を探しに行った。

しかし様子が変だった。

未来冷蔵庫を買いに外へ出たのはまだ数週間前だ。
だがそのときみた外の風景と、今見ている外はまったくもって違うのだ。

未来冷蔵庫で未来に行っていたのは、中のものではなく主人公の方だったのだ

87: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)23:03:42 ID:Xzh0kq1ph
象を売る

88: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)23:20:14 ID:zaOEBcBul
>>87

20XX年、第三次世界大戦の影響でワシントン条約はすでに失効していた。
焼け跡の町はすっかり見る影もなく、まるで幼少期に見た高度経済成長期のようだ。
しかし、この世界で珍重されているものは、金でも、ダイヤモンドでも、はたまた技術でもない。

象だ。

象の牙は象牙に、肉は食用に、皮はなめし皮に使われるとか。
とにかく、捨てるところがないんだ。
近頃では象の先物取引なんということも行われている。
昔は金なんかがこんな風に取引されていたらしい。今では象が貴重な金融商品だ。
実は、うちには巨大な地下倉庫がある。
そこには120頭もの象の大群がいる。
象が高騰している今、長年コツコツ貯めてきた象を売れば俺は大金持ちだ。
今、ついに、この象たちを売る時が来た。

俺は今、ライオンキングのシンバのような気分だ。
銀座の町中を、120頭の象を引き連れて歩いているのだから。
街行く人の睨みつける視線、妬いているんだろ?

「象を売りに来ました!」
俺は証券会社に入って一声を上げた。
みんなポカーンとしている。どうしたんだ?

「金融商品として扱っているのは、象ではなく、像、つまり貴金属製の像です。」

89: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)23:47:18 ID:Xzh0kq1ph
究極の小説

91: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)00:28:29 ID:Fab30ZTLU
>>89
ラーメンズの小説家オススメ

90: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)00:11:01 ID:sZDM5i6tx
みっともない

94: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)02:31:19 ID:IjAtOu0XN
>>90
『みっともない』


いきつけのスーパーで嫌なものをみた
「みっと 買ってよ~ みっとみっと!」泣いて暴れるガキがいた
国民一丸となって敵を打ち砕かんとしている戦時下
あのように脆弱な魂を持つものがいるとは
子供だからといって許されるのか?

ああいう輩は駆逐されるべきである
非常に不愉快だ

憤りをおさえながら品だしをしている店員に声をかける
「あ~君 みっともはどのあたりにあるかね」


「はぁ?この戦時下 みっとも?
たいへん申し訳ございませんがこの品不足の中
高級品のみっともなんざどこの店にもございません
非常に不愉快です」

96: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)02:37:19 ID:ZXrYjxax7
尻の先に

97: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)02:43:47 ID:kscZMSqsn
>>96
「尻の先に」

ある日男はシャワーを浴びると、そのまま鏡の前に立ち、自らの肉体美をほれぼれと眺めていた
しかしそこで自分の尻の先に奇妙な糸が伸びていることに気がついた
気になるが会社へいかねばならない、スーツを着ようとすると、糸はそこに無いかのようにズボンをすり抜ける
滞りなくスーツを着て外へ出ると、他の人間も同じように糸が伸びていることに気がつく。

98: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)06:25:11 ID:sZDM5i6tx
めちゃくちゃ面白いです。みなさん!

58: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:48:56 ID:JYX6WcRJb
お前らセンスありすぎ
羨ましいわ

関連記事

Category: ワロタ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://acraftsman.blog.fc2.com/tb.php/74-cf780a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)